フローリングは板張りの床の一種で、見栄えを良くするために表面に艶出し加工を施している物が多数を占めます。表面が滑らかなので清掃の手間がかからず、水も弾くことから住宅物件を中心に広く普及しています。その一方で家具や家電製品などを引きずることで傷が付きやすく、汚れや湿気が染み込んで床材が傷んでしまうこともあります。床材が傷んだまま放置すると腐食が進み、建物の強度にも悪影響が及ぶことから速やかに補修を行う必要があります。

フローリングの補修を行う場合は強度を維持する他に見栄えの良さを回復させることも重要なポイントになります。補修に使用する床材は質感や色合いを合わせることが綺麗に仕上げるための条件です。また、劣化の原因になる隙間が生じないようにサイズ調整にも気を配ります。特に築年数が長い物件ではフローリングに使われている床材が製造されていないケースもあることから、補修用の床材の選択は慎重に行うことが大切です。

そのため、床材の交換など大掛かりな作業は専門業者に依頼するのが賢明な対処法になります。住宅物件のフローリングを補修する際は床材を保護する目的でコーティング処理を施すことがあります。コーティング剤は床の表面に凹凸があると皮膜が破れてしまうので、必ず床材の厚さを整えて段差が生じないように注意します。また、毎日の生活の中で床を傷めないように気を配り、汚れが付着した際はすぐに拭き取って清潔に保つことも床を長持ちさせる工夫の一つです。